第29回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2022)in 松江しんじ湖温泉

第29回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2022)in 松江しんじ湖温泉 にて,2件のライブ論文発表をおこないました!

  • 技術的負債に関する課題票の分類モデルに単語分散表現が与える影響の分析
    (田口 舞奈,木村 祐太,大平 雅雄)
  • Dockerfileの依存関係とビルドエラーの関係分析
    (坂本 廉也,東 裕之輔,大平 雅雄)

情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文

情報処理学会論文誌ジャーナルに掲載された論文「単語分散表現による類義語統一と単語N-gramによるフレーズ抽出に基づくセキュリティ要件分類手法(宮崎智己,東裕之輔,大平雅雄)」が特選論文として選定されました!

@article{Miyazaki2022,
         title = {単語分散表現による類義語統一と単語{N-gram}によるフレーズ抽出に基づくセキュリティ要件分類手法},
        author = {宮崎 智己 and 東 裕之輔 and 大平 雅雄},
       journal = {情報処理学会論文誌},
        volume = {63},
        number = {1},
         pages = {94--103},
         month = {1},
          year = {2022},
}

Accepted for SANER2021 ERA Track!

Our paper “Onboarding to Open Source Projects with Good First Issues: A Preliminary Analysis (Hyuga Horiguchi, Itsuki Omori and Masao Ohira)” has been accepted for inclusion in the Early Research Achievements (ERA) track of the 28th IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution and Reengineering (SANER ’21).

FOSE2019

日本ソフトウェア科学会主催第25回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2019)にて,5件のポスター発表を行いました!

  • 日本語非機能要件分類の自動化におけるデータサイズの影響(池内未来,大平雅雄)
  • 遅延を伴う事象を分析するためのデータマイニング手法の提案(加藤寛瑛,大平雅雄)
  • 自動分類におけるデータセット作成時のミスラベルの調査:非機能要件分類を例として(木村祐太,大平雅雄)
  • 不具合修正時間削減のための修正リーダー影響力の調査(作島大智,大平雅雄)
  • StackOverflowからGitHub開発コミュニティに移動する開発者の分析(堀口日向,大平雅雄)

SNPD2019 in 富山

20th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2019) in 富山にて研究発表を行いました!!

  • Suggesting Questions that Match Each User’s Expertise in Community Question and Answering Services (Katsunori Fukui, Tomoki Miyazaki, Masao Ohira)
  • Code Clone Tracer (CCT): A Tracking Tool for Analyzing Human and Social Factors in Creating and Reusing Code Clones (Yusuke Kukita, Kojiro Noguchi, Masao Ohira)

荒木富松特別奨励賞

ソフトウェア・シンポジウム2019 in 熊本において,野口耕二朗さんが発表した論文『コードクローンへの欠陥混入防止に向けた欠陥混入クローンの特徴分析(著者:野口耕二朗,大平雅雄)』が荒木富松特別奨励賞を受賞しました!

本論文は,コードクローンへの欠陥混入の防止の前段階として,欠陥混入クローンのソースコードの特徴とコードクローンに混入した欠陥の特徴を調査したものです.

@inproceedings{Noguchi2019,
         title = {コードクローンへの欠陥混入防止に向けた欠陥混入クローンの特徴分析},
        author = {野口 耕二朗 and 大平 雅雄 },
     booktitle = {ソフトウェア・シンポジウム 2019 in 熊本 },
         pages = {56--65},
         month = {6},
          year = {2019},
}

カテゴリー: News

ソフトウェア・シンポジウム2019 in 熊本

ソフトウェア技術者協会主催のソフトウェア・シンポジウム2019 in 熊本にて研究発表を行いました!!

  • コードクローンへの欠陥混入防止に向けた欠陥混入クローンの特徴分析(野口 耕二郎, 大平 雅雄)
  • 日本語非機能要件の自動分類における教師あり学習アルゴリズムの評価(大東 誠弥, 福井 克法, 宮崎 智己, 大平 雅雄)